結婚を手に入れるには・・・

結婚相手を探すとなると、まず条件ありき、になってしまうことが多いようですが、あまり最初から絞り込まず、
可能性を低くしないのがよいです。
絶対譲れないもの以外、まずは一緒にいて、もう少し話したいな、と思えるか、思ってもらえるか!
楽しかった、までいかなくても、もう一度くらい会いたいな、と互いに思えるかどうか。
まずそう思ってもらわないと前に進まないのは恋愛も結婚も同じです。

あまりに求めるものが違いすぎるのも、あとから大変なので、簡単なプロフィールは必要だとは思いますが、
やはり、最初はあまり考えすぎず、自然な感じで話をするところから広がっていけばいいな、という穏やかな
雰囲気のほうが絶対うまくいきます。

なかなか結婚が決まらない人は、やっぱり、あれこれ相手に難癖をつけること多いですね。
生涯を伴にする相手だから、いろいろ考えて当たり前だし、条件つけたいのも当たり前なのはわかります。
でも、逆に自分が相手に自分の条件を見定められて、好きな気持ちもまだ表れていないのに、
条件だけで頭の中でジャッジされて値踏みされているとしたら、嫌じゃないですか。

話しているときでも、こういうふうに思っているのか、だめだな嫌だなと幾つかで切り捨ててしまうと、
もう会話の途中で帰りたくなってしまうでしょう。
段々、相手をいいなあと思えたら、相手の気持ちを汲みたい気持ちもでてくるし、お互いの思いを
すり合わせて、妥協点をみつけようという前向きな気持ちになれる可能性もあります。

条件だけで考えていると許せないことでも、少しでも好きになれたら、気持ちが変化してくるものです
それに、うまくいった人達がすべて、会った瞬間からうまくいったわけでなく、最初は、あまり良い印象を
持たなかったけど、何度か会っているうちに、意外に共通点があることに気づいて、一緒に過ごすことが
嫌じゃない、から楽しい、に変化していくのも、よく聞かれます。
素直に自然に、決めつけず、穏やかに、最初からあまり結婚を強く意識せずに、相手にも相手なりの
気持があると思って、がんばりましょう。

 

私が婚活で苦労している事

私が婚活をするようになった理由は友人の結婚が相次いだ事と、職場や普段の生活で良い出会いがなかったからです。

職場の男性は既婚者か独身者でも熱愛中の彼女がいる人ばかりです。職場以外の出会いを期待しても、独身の男性が大勢集まる所に一人だけで行く事が出来ないため、出会いのきっかけが作れません。

通勤途中で素敵な人を見かけても声をかける事が出来ず、「あの人はきっと良い女性がいるだろう」と考えてしまうので、目の保養で済ませてしまう事が多いのです。

同窓会は成人式依頼一度もないので、片思いの彼に会ってアプローチするどころか、かつてのクラスメイトと会話する
機会がありません。

そこで私が考えたのは、婚活パーティーに行って良い相手を探す事です。今はメールでアプローチする婚活サイトがありますが、私は苦手です。

時間がない人や婚活に費用をかけたくない人はサイトに登録して自分の希望条件で相手を探し、メールで交際を申し込んだりする事は出来ますが、相手の顔が見えるのに越した事はありません。私は人見知りしやすい方ですが、婚活に限らず相手の顔が確認出来る方が安心です。

実際に会ってみないと、どんな人なのか把握出来ないからです。顔だけではわからない場合でも、こちらをどう思っているかボディーランゲージで読み取る事は出来ます。

メールの場合は時間をかけて書く事が出来るので自分の良い所だけをアピールする事が出来ますが、実際に会ってみるとよほど演技が上手い人でない限り、地が透けて見えます。

顔が自分の好みである事に越した事はありませんが、あくまでもその人の個性の一つなので、全部分かった事には
なりません。後は会話についてですが、コミュニケーション力を磨いている人の方が好ましく思えます。

メイクも健康的で明るく見えるよう心掛け、自分だけ話すのではなく相手の話を聞くようにすると、連絡先を教えてもらえる率が高くなります。

相手に依存しすぎないように時々デートの費用を負担したり、割り勘にしたりするよう提案しています。

婚活と並行して新聞や本などから相手が好む話題をインプットしたり、堅実な生活を心がける事が必要です。